格闘代理戦争

【K-1】格闘代理戦争第4弾2話目の内容と感想をまとめ!

Pocket

楽しみにしていた格闘代理戦争第4弾の2話目が公開されました!

今回の格闘代理戦争は非常に人気のようで今まで一番面白いと評判のようですね!

今のK-1の人気選手の監督手腕によって、強さの秘密を見ることができるからでしょう。

ペコ
ペコ
どうなっていくのか楽しみ( ^ω^ )

今回は「格闘代理戦争第4弾2話目の内容と感想をまとめ!」をご紹介したいと思います!

【K-1】格闘代理戦争第4弾2話目の内容は?

前回の簡単なあらすじ

前回は各監督の

  • 武尊
  • 皇治
  • 芦澤竜誠
  • 久保優太
  • 木村ミノル

が団体戦で戦う4人を選別する為にトライアウトを行いました。

トライアウト前半でかなり有望な選手やキャラの濃い選手が多数出場していました。

また、各監督がどんなところを見て才能があるかないかを判断しているかが詳しく放送されていました。

トライアウト後半!有望な選手現る?

トライアウト後半戦。

プロキック2戦2勝の山口浩太郎K-1アマチュアBクラス優勝の倉田永輝の対戦!

開始早々互いに激しい攻撃になる2人。

すでにプロで活躍している山口は、パンチは全然だけど蹴りは良いと魔裟斗からも高評価でした。

久保選手からもスゴかったと高評価でしたね。

 

続いて総合格闘家の光原考音福島の整備士国分勇太の対戦!

山本キッドに憧れて格闘技を始めた光原の変則的な動きが印象的でした。

監督たちの評価は、光原さんのステップワークが良かったと評価されていました。

 

続いて次の試合は「さっきから眠くなるような試合ばっかやってっからさ、俺が見してやるよ!」

ビックマウスをした地下格闘技チームFearless所属の中澤誠弥地下各王者の高橋享祐の対戦!

ビックマウス中澤は芦澤も認める強さで、練習は弱いけど試合は強いタイプ。

対戦中になぜか那須川天心のポーズをする余裕あり。

試合終了後、すかさず皇治が武尊に「あれは何のポーズ?」と、わざと聞いて言わせようとしていた。

 

続いて、難波のホスト川上覇留輝アマチュアキック12戦7勝の福村啓太の対戦!

この福村は12月に久保選手がツイッターで弟子を募集し、その日に来たという人物。

難波のホスト川上は武尊に憧れ、キックパンツも武尊と名前入り。

源氏名も「武尊」で働いているが大阪出身だからという理由で謎の皇治志望でした。

 

続いてフルコンタクト空手全日本優勝の橋本実生現役ホストの高橋悠の対戦!

すでにクレストで練習している橋本は武尊一押しの人物。

皇治もすぐに強さを見抜く。

木村ミノルもファイトスタイルがサウスポーの武尊と高評価。

 

ここで全30試合が終了。

監督達はドラフト会議に向け選手選考タイムに入ります。

各監督の選考の基準とは?

皇治の選考基準は「モテそうか?」

各監督が選考タイムに入っている間、即決まったのが皇治選手。

皇治
皇治

1番モテそうなやつを選んだ。

ペコ
ペコ
皇治選手の思う「モテそうなやつ」の基準が全く分かりませんが、そこだけでなくきちんと素質は見ていたと思います。

武尊の選考基準は「ほぼ即決」

武尊
武尊
「将来性がある」と「この人持ってるな」という人物以外はほぼ即決で、この2人で悩んでいる

武尊選手も試合見てほぼ即決というのは「センス」を見ているのですかね?

久保優太の選考基準は「格闘代理戦争で人生が変わる」

久保優太
久保優太

僕は夢をK-1に与えてもらったので。ピーターアーツや魔裟斗さんに憧れて夢を与えてもらったので。

この格闘代理戦争は夢を与える場所で人生が変わる。

試合中に点数をつけて判断していた久保選手でしたが、選考も真剣。

真面目さが伺えました。

木村ミノルの選考基準は「僕のエッセンスが加われば面白い選手」

木村ミノル
木村ミノル
ここだけの審査じゃ難しいけど、僕のエッセンスが加われば面白い選手や良さを引き出したい選手を選んだ。

自分の戦い方に誇りと自信を持っている木村選手は、自分の戦い方を伝授して成長しそうな選手を選びたいと希望していました。

芦澤竜誠の選考基準は「推薦している選手が獲れなかったら辞退」

芦澤竜誠
芦澤竜誠
自分が推薦している選手が獲れればいい。獲れなかったら辞退

すでに推薦選手が決まっているような芦澤選手。

団体戦優勝する為に絶対推薦選手を獲得したい気持ちが伺えました。

運命のドラフト会議の結果は?

ドラフト1巡目は?

TEAM武尊は、橋本実生(K-1ジム 相模大野KREST)

皇治軍団は、松本日向(学生)

久保ファミリーは、山口浩太郎(トイカツ道場)

木村組は、榊原達也(ウィラサクレック ムエタイジム)

芦澤一家は、中澤誠弥(Fearless)

1巡目は各監督綺麗に分かれて全て獲得。

最初に希望したのは皆んな実力者揃いの人物ばかりでした。

ドラフト2巡目は?

TEAM武尊は、岡島形徒(K-1ジム 相模大野KREST)

皇治軍団は、北村夏輝(K-1ジム 三軒茶屋シルバーウルフ)

久保ファミリーは、稲垣柊(K-1ジム 大宮

木村組は、田勢ジャイル(パラエストラ 栃木)

芦澤一家は、稲垣柊(K-1ジム 三軒茶屋シルバーウルフ)

久保選手と芦澤選手の指名を受けた稲垣。

くじを引いて芦澤選手が獲得していました。

久保選手は外れ2位指名で福村啓太を獲得。

ドラフト3巡目は?

TEAM武尊は、倉田永輝(K-1ジム 相模大野KREST)

皇治軍団は、梅田慎太郎(学生)

久保ファミリーは、宮本時代(K-1ジム 五反田チームキングス

木村組は、片岡祐嘉(K-1ジム 五反田チームキングス )

芦澤一家は、倉田永輝(K-1ジム 相模大野KREST)

芦澤選手と武尊選手がクジを引いて武尊選手が獲得。

芦澤選手は国分勇太を獲得。

ドラフト4巡目は?

TEAM武尊は、冨澤大智(K-1ジム 総本部)

皇治軍団は、川口伶次(看護補助)

久保ファミリーは、此尾昂希(塗装業)

木村組は、光原考音(大学生)

芦澤一家は、高橋享祐(IKUSA GYM)

冨澤は過去に強盗致傷の疑いで逮捕され、不起訴となるがその影響で消防士の職を失ったしまいます。

冨澤を選んだ武尊は、

内容は違うけど同じ気持ちになり、過去に色々あったけど人生を変える気持ちでこの舞台に上がってきているのでそのチャンスをを拾ってあげたい。

と語っていました。

選んでもらった「時間が止まった男」冨澤は武尊の話を真剣に聞き、覚悟を持って挑む事を語っていました。

芦澤&皇治の指導開始!

メンバー決定後はそれぞれの所属のジムで試合に向けて練習開始です。

総本部の芦澤一家は芦澤選手とスパーリングをします。

 

皆んな格闘技経験者ですが芦澤選手に全く歯が立たず。

K-1トップ選手との差を見せつけられます。

 

また皇治軍団は三軒茶屋シルバーウルフで練習開始します。

あまりに過酷な練習内容に、メンバーの梅田が根を上げ始めます。

 

その姿に皇治は、

K-1の舞台に上がる為にたくさんの人が努力している中、このメンバーは数ヶ月で舞台に上がれるチャンスをもらっている。

K-1の舞台で活躍する為には他の選手よりも何億倍も練習する必要がある。

と喝を入れていました。

〜ここで第2話目が終了〜

いよいよ代表選手が選ばれ、勝つ為の過酷な練習が始まりました。

次回は他の選手の練習風景が放送予定です!

そして第1回戦目が4月27日に決定しました!

ペコ
ペコ
早すぎる!

今月と思うとワクワクしますね!

期待しましょう( ^ω^ )

スポンサーリンク

【K-1】格闘代理戦争第4弾2話目の感想をまとめ!

それぞれの監督の選手の選び方が面白い!

第2話も楽しく見せていただきました( ^ω^ )

ついにメンバーが決定したわけですが、それぞれの監督の選ぶ基準が監督自身の特徴のような気がして面白かったです!

 

例えば武尊選手は「へこたれない気持ちの強い選手」を選んでいて、久保選手は「試合運びの上手い、冷静に戦える選手」を選んでいました。

全く違うタイプの監督達なので、強さとは何か?を考える基準が違うのが面白かったですね!

そしてそれがどう戦いに生きるのか、見所ではないでしょうか( ^ω^ )

 

また、時間が止まった男「冨澤さん」が気になります。

話題性はバッチリだし顔も悪くない(笑)し、これで凄く強くなったら一番スターになりそうじゃないですか?

今突っ張ってる感じですが、彼がどう変わっていくのかも気になりますね( ^ω^ )

 

また監督は5人ですが、もう1人の監督の「X」という人物は誰なのか?

次回明かされるのか分かりませんが、ネット上では「那須川天心だったら最高に面白い!」と書かれていましたがそうだったら最高ですね!

絶対なさそうですが( ;∀;)

無難に考えたら魔裟斗さんですが、どんな方なのか楽しみですね!

ペコ
ペコ
また次回も期待しましょう!

まとめ

格闘代理戦争第4弾の2話目の内容と感想をお届けいたしました( ^ω^ )

最後に優勝したチームは間違いなくK-1でも通用する実力があるでしょう!

誰がどこまで強くなるか楽しみですね!

ペコ
ペコ
最後までお読みいただきまして有難うございました( ^ω^ )