キックボクシングのススメ

K-1の試合にでたい!出場する為に大事な5項目をクリアしよう

Pocket

再び格闘技ブームが来ていますが、特に人気なのはキックボクシングではないでしょうか。

キックの団体は色々ありますが、特にK-1の人気が爆発的に伸びています。

その理由として、K-1選手をタレント化しているからだと思います( ̄^ ̄)

K-1の運営も、もっと人気を出すために必死にメディアに選手を輩出しています。

上手くいけば引退後は芸能人として活躍できるわけです( ^ω^ )

 

  • 武尊みたいに強くてカッコよくなりたい!
  • スターになりたい!
  • K-1の試合に出たいけどどうしたら出れるのか?

K-1に出場するための方法をご紹介します!( ̄^ ̄)

K-1の試合に出場する為の『5項目』を教えます!

1、K-1ジムに入会する

まず強くなければお話になりません。

格闘技を学び、心身ともに強くなりましょう!

その為には、キックボクシングジムのプロコースに所属し、技を磨きます。

 

また選手の試合映像もネットで見れるので、どんな戦い方が有効なのかを研究することも大事です。

ここで大事なのは、ただのキックボクシングジムではなく、「K-1ジムに所属する」という事。

ここだけの話、K-1が運営しているK-1ジムの選手の方が優先的に出場できますし、強い選手が集まるので自然と強くなれます。

※必ずしもK-1ジムに入会しないといけないわけではないです。

しかし実際にK-1に出場している選手に触れる事で現実味も増してくるでしょう!

2、東京に上京する

K-1ジムは今では全国にありますが、できれば東京のK-1ジムに入会しましょう!

そのためには東京に上京する必要があります。

東京は全国の強い選手が集まる場所です。

 

地方でどんなに強くても、東京の選手には敵わないこともあります。

シロ
シロ
武尊選手のようにスターになりたいなら尚更東京に出るようにしよう!

3、K-1主催の甲子園やアマチュアで優勝する

K-1が主催する高校生の日本一を決める「K-1甲子園」を年に1回と「アマチュアの試合」を定期的に行っています。

そこで優勝すると大きく目立つことができ、K-1ではなくKhaosやKrushに呼ばれる可能性があります。

大体甲子園やアマチュアで優勝する人はプロの試合でも良い試合するので、この選手強いな!という選手は大体過去に優勝経験があるのです。

ペコ
ペコ
自分に箔をつける為にも優勝目指して頑張りましょう!

4、KrushやKhaosでタイトル獲得か目立つ試合をする

K-1グループには『K-1』『Krush』『Khaos』の3つがあるのはご存知だと思います。

K-1ジムに入っていくら強くてもいきなりK-1に出場する事はできません。

K-1に出場できる人はある意味「選ばれた人」だと言えます。

 

ではどんな人が選ばれるのか?

K-1の試合に選ばれる人
  • Krushで王座獲得する
  • KrushやKhaosで目立つ試合や勝ち方をする

とにかくファンから「あの選手がK-1に出たら面白そう!」と思われる選手になることが大事です。

5、SNSを使って自分を売り込む

ただ強いだけではなく「自己プロデュース力」も必要です。

ファンは選手の日常や発言を見たいもの。

SNSをやっていないor更新していないなんてお話になりません。

 

うまくSNSで自分を売り込み、あの選手面白い!K-1に出て欲しい!というキャラ作りも重要ですよ!

スポンサーリンク

K-1に出場だけでなくスターになるのに必要な事は?

スター選手は発言力に力がある

K-1出場は強ければ誰でも出れます(といっても超大変ですけど)

そこから人気選手になるのは本当に一握りです。

人気選手は、

  • 圧倒的な強さ(負けない・KO率が高い)
  • 発言にカリスマ性がある

など2種類に分かれます。

圧倒的な強さを持つ選手といえば、

  • 武尊選手
  • 武居由樹選手
  • 野杁正明選手
  • 久保優太選手

などで、発言にカリスマ性のある人気選手は、

  • 皇治選手
  • 芦澤竜誠選手
  • 小澤海斗選手

などでしょう。

この両方を持っている選手が「魔裟斗さん」だと思います( ̄^ ̄)

1歩先のスターになるには強く、考えや発言もブレない選手になる必要がありますね!

K-1のスター選手はどうやってなったのか?

武尊の場合

武尊選手の場合は鳥取県で生まれましたが、K-1選手を目指して東京に上京。

圧倒的に強い選手が集まるチームドラゴン(現在はクレスト)に所属し、力をつけてきました。

Krushでもベルトを獲得し、K-1を自分が引っ張っていく強い意志で今の地位まで上り詰めました。

ペコ
ペコ
キャラは濃くないけど武尊の悪い話は聞かないね!真っ直ぐな性格なんだと思う

皇治の場合

試合はKO率は低めですが、とにかく会見が面白い!

会見で強い選手に噛みつきながらも試合ではガッツのある戦いをしています。

東京には上京せずに大阪のK-1を盛り上げる発言が多いです。

所属は自身の「チームONE」ですが、K-1ジムのシルバーウルフで練習をし実力も人望もつけるようになりました。

シロ
シロ
皇治は本当に自己プロデュースが上手い選手だと思う!

芦澤竜誠の場合

ベルトは獲得していませんが、戦い方がトリッキーで発言もヤンキー系。

彼も山梨出身で地元のジムに所属していましたが、K-1ジム総本部に移籍し東京に上京してきました。

誰にも媚びずに自分の信念を曲げない発言が炎上していますが、最初はアンチばかりだったのにいつの間にかファンが増えてきています。

芦澤選手プロデュースの「397」のグッズまで販売し、確実に芦澤ブランドを築いている選手です。

ペコ
ペコ
ほとんど東京の有名ジム所属している選手が多いね!

まとめ

今回のまとめ

《最短で出場する為の『5つの事』》

  • K-1ジムに入会
  • 東京に上京する
  • K-1甲子園やアマチュアで優勝する
  • KrushやKhaosでタイトル獲得か目立つ試合をする
  • SNSを使って自分を売り込む

K-1への出場が以下に大変かお分かりいただけたと思います( ^ω^ )

また他団体でタイトルを獲得している選手もK-1出場しやすいと思います。

そのタイトル獲得が大変なんですが(笑)

でも最近のK-1は盛り上がっているので、現在格闘技を頑張っている子供達は夢を持てると思います。

100年続くK-1を期待したいですね!

ペコ
ペコ
最後までお読みいただきまして有難うございます!