ボクサー一覧

日本のボクシングはタトゥーは禁止?井岡は入っているけど大丈夫?

Pocket

日本もだいぶタトゥーに寛容になってきましたが、まだまだ嫌だという人も多く賛否両論ですね!

一般人でも入れている人も多いですが、スポーツ選手や特に格闘家は入れている率が非常に高いです。

K-1選手も2、3割くらいは入れているように感じますが、現在日本の選手でタトゥーが入っている場合はスプレーやファンデーションで消すことを義務付けています。

K-1に限らず、他の団体でもその傾向が強くなっているようですね( ̄^ ̄)

 

ところで同じ格闘技でも総合格闘技はOKでボクシングは入れている人を見ないですよね。

ボクサーはタトゥーが入っている選手は試合に出れないのでしょうか?

あの井岡選手が日本のボクシングに復帰しましたが、果たしてタトゥーは大丈夫なのか?

ペコ
ペコ
色々と調べてみました( ̄^ ̄)

日本のボクシングはタトゥー禁止?

日本のボクシングは原則タトゥー禁止

実は日本のボクシングではタトゥーは禁止です。

 

現行のルールブックには、「次の各号に該当するボクサーは、試合に出場することができない」と書かれており、出場できない1つに、

入れ墨など観客に不快の念を与える風体のもの

と書かれています。

ボクシングはよくテレビ放送されていますが、入れ墨がある人見たことがないですもんね( ̄^ ̄)

 

しかし実際には体にタトゥーを入れているボクサーって何人もいるのです。

こういった選手にJBCはファンデーションなどできちんと隠すことを義務付けています。

隠してもどうしても汗などでうっすら出てしまうので、そうなると「なぜあんな選手を出すんだ」と抗議の電話が多くかかってくるそうです。

 

以前何回かボクシングの試合を見にいったことがありましたが、観客の年齢層がキックより全然高かったです( ;∀;)

シロ
シロ
あしたのジョー世代が多かったですかね?

年齢重ねている人のファンが多いので、よりタトゥーに対して嫌悪感を出す人が多いのでしょう。

日本のボクシングはタトゥーが入っているとライセンスが取れない?

プロボクサーになるには、ボクシングのライセンスを取る必要があります。

ライセンスを取るにもタトゥーが入っているとダメな場合があります。

 

ペコ
ペコ
噂では胸はダメで、腕と背中は大丈夫だとか( ;∀;)

背中もダメだという話もありますし、大きすぎるのはダメ、ワンポイントならOKなどとも言われています。

 

どちらにしろあまり良くはないので、ボクサーになりたい人はタトゥーは入れない方が良さそうですね( ;∀;)

スポンサーリンク

タトゥーが入っている井岡は大丈夫なのか?

腕の内側なので隠せばOKか

K-1の選手もですが、タトゥーが入っている選手はしっかり隠して出場しています。

小さいものならテーピングを巻いていますが、大きなものはファンデーションやスプレーで隠しています。

汗かいても擦れても落ちにくい特殊なもので隠しているんですね( ;∀;)

このような商品でガーッと消しているんです( ̄^ ̄)

 

最近ボクサーの井岡選手が日本のボクシングに所属することが決定しましたが、腕の内側に英字でタトゥーを入れています。

基本タトゥーが見えたままで出場はできないので、井岡選手も当然タトゥーを隠して出場するのでしょう。

また腕の内側で目立つところではないので、JBCもとりあえずOKが出たのでしょうね。

タトゥーに寛容になってきたとはいえ、テレビにタトゥーがガッツリ出ることはまだあまりないので、格闘技を真剣にやる方は入れない方が賢明かもしれません( ̄^ ̄)

まとめ

今回はボクシングにおけるタトゥーについてご紹介しました!

格闘技自体野蛮で怖い!という人が多いので、タトゥーガッツリでテレビに出てたら非常にイメージが悪いですよね(笑)

 

寛容になってきたとはいえ、タトゥーがOKになることはなさそうですね( ̄^ ̄)

ペコ
ペコ
最後までお読みいただきましてありがとうございました!