Pocket

プロボクシング元3階級制覇の亀田興毅さんの復帰相手が決定いたしました!

対戦相手は元WBC世界フライ級王者のポンサクレック・ウォンジョンカム選手です( ´ ▽ ` )ノ

日本人として日本のリングで終わりにしたいと語る興毅さんですが、ブランクもありますし勝敗がどうなるのか気になりますね!

ポン氏とは再戦になるわけですが、どんな相手か知らなかったのでいろいろ調べてみました。

また勝敗がどうなるのか、素人ながらに予想してみました( ´ ▽ ` )ノ

どうぞご覧くださいo(`ω´ )o

Sponsored Link

亀田興毅の対戦相手のポンサクレックとは?

亀田興毅はなぜポンサクレックを相手に希望したのか?

ボクサーとして復帰する亀田興毅さんの対戦相手が誰なのか?様々な予想がされていましたね!

当初興毅さんはK-1の試合を観戦しによく来ていたので、キックボクサーに転身するかと思ってました(笑)

幼い頃は空手もやっていましたし、全くない話ではないのでは?と思ってましたが違いましたね(笑)

そして対戦相手として「戦いたい相手がいる」と話していたので、対戦したことのある選手だと思われていました。

そして発表されたのが、やはり対戦経験のあるポンサクレック氏だったわけです。

ポンサクレックと亀田興毅

                        出典 blog.goo.ne.jp

ポン氏と興毅さんは8年前の2010年3月27日に王座統一戦で対戦し、ポン氏が判定勝ちしていました。

この試合によって興毅さんは初黒星となってしまいました。

王座決定戦でしかも初めて負けた相手は、忘れられない相手であり試合であったのでしょう。

ポン氏の過去の試合について興毅さんは、

「ポンサックレックは自分が初めて負けた相手、あの日、それまで自分もデビューから駆け足で突っ走って来て二階級制覇して、初めての防衛戦で当時フライ級のナンバーワンボクサーに負けてしまって。その試合で親父もライセンス停止されて、全ての計画が狂って、1回の負けがこんなに大きいんだって思った。引退してもあそこだけは自分の中で残っている。ボクサー亀田興毅の歯車が完全に狂ったから。どこかで再戦したいと思っていて、もう1回リングの上で拳を交えるのは何かの運命。何があっても全力で、今回は完全なるKOで仕留めて完全決着をつけようとの気持ちです」

引用:headline.yahoo.co.jp

とコメントしており、ただ試合に負けただけではない思い出となってしまったようです。

死ぬ気で戦っている同士ですが勝ち負けの出てしまうのが格闘技です。

家族で本気で戦ってきた分、すべての歯車が変わってしまった出来事に区切りをつけたいという気持ちなんでしょう。

亀田興毅の対戦相手のポンサクレックとはどんな選手なのか?

では興毅さんの対戦相手のポン氏について調べてみました!

亀田興毅の対戦相手

                           出典 ameblo.jp

  • ポンサクレック・ウォンジョンカム
  • 1977年8月11日生まれ(2018年3月の時点で40歳)
  • タイの元プロボクサー、元ムエタイ選手
  • タイ王国ナコーンラーチャシーマー県出身
  • 身長162センチ
  • サウスポー

タイの選手はムエタイ選手が多いのですが、やはりポン氏もムエタイからのボクサーに転身したようですね!

タイ人のボクサーで強い選手は全く知らなかったのですが、ポン氏の今までの成績は

  • 通算2回のWBC世界フライ級王者。
  • ポンサクレックはWBC世界フライ級王者時代は15度目の防衛に成功連続防衛記録を更新。
  • 第34代王座は17度、第37代王座は4度(暫定王座も含めると6度)の防衛に成功。

と輝かしい結果を出しています。

また日本のリングにも数多く登場しており(浅井、内藤、本田、中沼、小松、中広、清水、升田、亀田、粉川)などから勝利を挙げており、ポン氏の世界戦における日本人戦績は14戦11勝1敗2引き分けと長らく日本人キラーとして名を馳せていました。

日本人戦績もすごいのですがポン氏のボクサーの戦績は、

97戦90勝(47KO)5敗2分

と素晴らしい結果を残しています( ;´Д`)

元ボクサーの内藤大助さんは過去2度対戦しており、3戦目にやっと判定勝ちしております。

さらに4戦目も行いドロー判定となっていました( ;´Д`)

4回も対戦するのもすごいですが、内藤さんも苦戦した相手の再戦ということもあり、興毅さんも気合が入りますね!

ポン氏も2014年に現役を引退し、現在はシンガポールの総合格闘技ジム「Evolve MMA」でトレーナーとして雇われ4000ドルほどの月給を得ているそうです。

タイ人でムエタイで活躍していた選手が日本でトレーナーとして来日する人が多いのですが、タイ人にとって海外で働く名誉なことなんだそうですよo(`ω´ )o

またタイ人としてはかなりお給料を貰っている方ではないでしょうか。

また今回の再戦のファイトマネーも主催がAbemaTVなのでかなり貰っていると思います(笑)

ファイトマネー関係なく二人とも引退後の復帰戦なので気合が入っていることは間違いでしょう!

Sponsored Link

亀田興毅の対戦相手のポンサクレックの試合はいつ?テレビの放送は?

興毅さんの再戦の日は

2018年5月5日(後楽園ホール)

で行われます。

詳しく発表されていませんが、この日の後楽園ホールは12時から女子プロが行われているだけなので、その後に行われる予定だと思われます。

しかし、興毅さんの試合は一般の方は見れない?可能性があるので見たい方は

AbemaTV「ラスト亀田興毅〜最後の現役復帰〜」

で視聴するしかなさそうです。

いったい何時から行われるのかの詳細は出ていないので、詳細が分かり次第追記したいと思います( ´ ▽ ` )ノ

後楽園ホールの入場には制限がありますが、できれば生で観戦したいですよね!

関係者や芸能人もたくさん呼ばれるでしょうから一般人は難しいかもしれませんね。

まとめ

  • 亀田興毅の1度だけの現役復帰の対戦相手は以前対戦し判定負けをしたポンサクレック選手。
  • ポン氏は日本人キラーの異名を持ち、内藤大助氏も4度の戦っている相手。
  • 対戦日程は5月5日後楽園ホールで行われる。
  • 一般入場や時間などの詳細はまだ発表はない。

次こそはKO勝ちを狙うと意気込む興毅さんですが、今までの成績を見ると難しそう( ;´Д`)

しかし相手も引退し現在40歳にもなるので、望みも十分ありそうですね!

ボクサー最後の試合をお互い悔いなく戦って欲しいです!

また詳しいことが分かり次第追記しますo(`ω´ )o

Sponsored Link